門真市,大東市で新築一戸建て分譲住宅 建て替え・リフォームなど不動産に関することなら大成住宅センター株式会社にお任せ下さい


より大きな地図で 新築分譲地 を表示

こだわりの家造り

安全・耐久性へのこだわり

わが社は、地盤の強化・改良からベタ基礎の鉄筋におよぶなど、常に安全と強度を意識し、優れた足回り造りを行っています。

地盤・基礎へのこだわり                   

目に見えない部分を大切にした家造りのひとつとして、当社分譲地では地盤を徹底的に強化。
その上で、配筋及びコンクリートによるベタ基礎を採用しています。
優れた耐震性・耐久性を足回りに実現することで、末永く安心して住まえる家造りを行っています。
地盤・基礎へのこだわり

 地盤改良及び杭工事 

当社は、当社規定以下の軟弱地盤に対して杭による強固な地層に荷重を伝達する方法を取るか、地盤改良材を散布・攪拌することにより強固な地盤に改良を行うかを吟味し基礎構築を行います。

杭工事完了 整地状況 砕石敷き状況

 杭工事完了 整地状況  
       

 砕石敷き状況 

ベタ基礎は家全体の荷重を面として地盤に伝える為に、耐震性に優れた強い家を建築することができ、軟弱地盤であっても「不同沈下(地盤が不均等に沈下してしまう現象)」を起こし難いというメリットがあります。

建物を面で支える耐震性に優れた「ベタ基礎」を採用

 建物を支える基礎は、耐震性や耐久性に優れた「ベタ基礎」を採用しています。
日本は地震大国と言われるほど地震に悩まされている国です。まだ記憶にも新しい阪神・淡路大震災以来、建物の重さを線で支える「布基礎」より面で支える「ベタ基礎」の方が地震に強いという考えが普及し、住宅の基礎は「布基礎」から「ベタ基礎」に移行しつつあります。

また、「ベタ基礎」は地盤の上にコンクリートの床版を全面につくりますので、地盤からの湿気やシロアリなどもある程度、防ぐことができ、床下構造体の耐久性の向上にも役立っています。
基礎の立上がりの厚さは150mm。地面からの基礎の立上がりの高さは400mm。底盤の厚さは150mm、鉄筋の間隔は200mmとし、「フラット35技術基準」に適合する仕様となっています。
当社の基礎幅は150mm(機構基準は120mm)
ベタ基礎の配筋状況

 ベタ基礎の配筋状況 

基礎工事出来型及び土台布設状況

 基礎工事出来型及び土台布設状況 




 土台へのこだわり                   

基礎と土台の間に通気を促すパッキンを配置することにより床下の湿度を緩和し、土台などの木部の腐食やシロアリの発生を防いで耐久性を高めます。

  基礎パッキン設置状況



 基礎パッキン設置状況 

この基礎パッキンは、従来の「床下換気口」の通気は行えるものの、コーナー部などは十分に通気が行えなかったり、基礎の断面を欠くことによる弱点を克服する方法として確信しております。


 耐震へのこだわり                   

阪神大震災で倒壊した木造住宅の多くは、筋かいの不備と柱抜けによる筋かいの無力化が原因でした。
筋かいが入っている建物でも、建物自体の揺れによって、柱を引き抜こうとする力が働きます。筋かいがなかったり、配置の悪い建物は、小さな地震でも大きく揺れてしまい、基礎から柱が引き抜かれ、支えを失った建物は倒壊してしまいます。
そこで、柱を基礎にホールダウン金具で緊結することにより柱の引き抜きに対抗することで建物の耐久性をアップすることを可能にしました。

ホールダウン金具 ホールダウン金具

 ホールダウン金具 

 ホールダウン金具 



こだわり耐震設計 スーパーストロング構造体バリュー

地震に強い家

建築基準法の1.5倍「耐震等級3」相当の耐震設計を誇るスーパーストロング構造体バリュー採用!!

「耐震等級3」は国土交通省が2000年に定めた、住宅性能表示制度における耐震性能の最高等級です。
建築基準法では、極めてまれに(数百年に一度程度)発生する地震による力が定められており、この力に対して倒壊しない程度のものを「等級1」としています。    

スーパーストロング構造体バリューは全棟で「耐震等級3」相当を実現しています。

※1「耐震等級3」相当とは、(株)LIXILが建物の構造の安全性に項目を絞り、その性能を評価しているため、表示項目全てを評価した住宅性能表示制度による「耐震等級3」とは区別して表示したものです。


 耐震等級「3」相当の強さの理由       

建築基準法では2階の形状に関わらず1階の壁の量は一定、しかしスーパーストロング構造体バリューは建物形状に応じた強度計算&補強をするから強い!!


「耐震」補償付き


さらに、万が一の震災時も安心な耐震補償※2


万が一、スーパーストロング構造体バリューで建築した家が地震の揺れにより全壊した場合、最高2,000万円まで建替え費用の一部を負担します。

※2スーパーストロング構造体バリューで建築した家が、直接加わった地震の揺れを原因とする損壊によって補償建物について生じた損害が全壊の場合、一定の条件をもとに、建替え費用の一部を負担します(現金での補償はいたしません)。補償建物の条件、補償の内容、最高限度額、免責事項等については、耐震補償付き「スーパーストロング構造体バリュー」約款をご確認ください。



 耐震補償の期間               

耐震補償の期間は、瑕疵担保責任保険の期間と同じく10年です。


 地震国ニッポンで家を建てるこれからの「安心基準」
近年に日本で発生した主な巨大地震
世界で起こる巨大地震の5回に1回は、日本で発生しています。
特に近年、地震が頻発し、家づくりにおいて地震対策は重要な課題となっています。
LIXILの「スーパーストロング構造体バリュー」は、耐震設計により一般的な木造軸組住宅の耐震性能を高め、万が一地震の揺れで住まいが全壊した場合も、最高2,000万円まで建替え費用の一部を負担する「耐震補償付き」で、地震に負けない暮らしをサポートいたします。
お客様が現在検討中の外観や間取りをそのままに、地震への安心をプラス。これからの「安心基準」として、ぜひご検討ください。


こだわり外壁 パワーボード


※外壁防火構造は基準が大きく変わりました。
※パワーボードなら内装材や断熱材の制限がありません。

「もし火災が発生したら・・・」木造住宅を火災から守る防火構造にも品質の差があります。現在のほとんどの外壁の防火構造は、単に外壁材を選定するだけでは不十分で、外壁材と内装材を併せた複合構造をする必要があります(屋内側防火被服規定)。本来なら自由に選びたい内装材や断熱材の材質も制限され、施工範囲や施工方法などにも充分に留意しなければなりません。
「パワーボード」はその優れた防火性能が認められ外壁材単独で防火構造を取得。内装材や断熱材の制限がありません。また、1ランク上の防火性能を誇る準耐火構造(外壁)は内装材の仕様と合わせて45分、1時間の認定を受けています。

パワーボードはコンクリート系特有の質感と37mmのパネルの厚さで、木造住宅の外壁に重圧感のある、落ち着いた雰囲気をつくり出します。
また、標準パネルの他にも多数のデザインパネルがあり、これら表情の異なるパネルの組み合わせによって一邸、一邸の個性的な外観を創造できます。
パワーボードはオリジナルなカラーリングを実現するために、現場ごとに塗装工事を行います。塗装工事に用いる「建築用仕上塗材」の色やテクスチャーは数多く市販されておりますので、設計に応じて自由に選択でき、個性的で多彩な建築外観を実現します。

パワーボードの素材は軽量気泡コンクリート。
パネル内部の無数の気泡の働きにより、木造住宅用外壁材の中では優れた断熱性を持っています。
パワーボードは透湿比抵抗が小さく、水蒸気を通しやすい外壁です。このため冬期の壁体内結露対策にも効果を発揮できます。パワーボードは「正しい断熱材の施工を前提にその室外側は透湿抵抗の低い材料で構成する。」(新住宅省エネルギー基準の結露防止工法などで規定している工法)という、建築理論に忠実に従った、高断熱住宅に適した外壁材です。
騒音問題に悩まされていては折角の住まいも安らぎの場としては失格です。パワーボードは単体でも住宅用防音サッシ基準以上の遮音性があります。適切な内装材及び開口部との組み合わせによって、快適なプライベートタイムづくりをお手伝いします。
※パワーボードは単体で遮音等級30を、パワーボードに断熱材と内装材を組み合わせた一般的な壁体では遮音等級35を上回っております。
外壁材は自然の力の影響を直接受けるため、耐久性は必須条件といえます。
パワーボードは数時間に渡って、高温・高圧下での蒸気養生(オートクレーブ養生)を行い、緻密に結合したトバモライト結晶体を生成したパネルです。従って乾燥収縮率や熱膨張率の値が小さく、反り・たわみなどの変形が起きにくい安定した材料です。


こだわり外壁  スーパーウォール(SW)工法



◆スーパーウォール(SW)工法とは・・・
一般在来木造軸組に高性能断熱パネルをはめ込み耐震強度と断熱・気密性能を向上、床下からの冷気も遮断、サッシも高断熱サッシにして外部からの熱干渉を極力抑え、さらに壁内結露も抑え、高耐久となり、近年発生した様々な住宅に関する問題を解決した住宅建築工法です。

これは一般木造住宅建築では施工しづらい『次世代省エネ対応住宅』の元となった工法で、その基準となる仕様はこれらスーパーウォール工法を含める高気密・高断熱住宅の仕様を元に作成されました。

スーパーウォール工法にオール電化、電磁調理器と電気温水器(エコキュート等自然冷媒CO2ヒートポンプ式給湯器)でランニングコストを下げ、さらにソーラー発電装置・磁気活水装置の併用でエネルギーの自給自足・メンテナンスフリーで家計にも負担の少なく、安心・安全で健康的な生活を実現できます。

グラスウールの約2倍の断熱性能をもつ発泡ポリウレタンを充填したSWパネを柱や梁に密着。
パネルの気密パッキン、断熱パッキン(特許)が気密・断熱性を高めます。



目に見えない温度まで安心できること。
それこそが本当のバリアフリーと考えます。



不快な温度差の代表例となるトイレや洗面空間も、SW工法住宅なら冷暖房を併せて室内温度を効率よくコントロール。温度変化の小さい快適な室内空間を実現できます。

窓際から部屋上下までほぼ均一な室内空間

居室と温度差の小さい快適なトイレ

部屋上下の温度差大、足元は冷たく不安

冷気に満ちたトイレ、居室との温度差大


『地震や台風などの外力に強いモノコック構造』
SW工法住宅とは、壁面にSWパネル、床に28mm合板と強固な箱型構成のモノコック構造。
台風や地震などの外力が接合部などに集中しにくく
建物全体に分散するため、ひずみやくるいに強さを発揮します。

SW工法住宅は「性能表示制度」において耐震等級(最高等級)を取得

●耐震等級(構造躯体の倒壊防止)

地震に対する構造躯体の倒壊、崩壊等のしにくさを評価。
等級3:等級1の1.5倍の地震力に対して崩壊しない程度

●耐震等級(構造躯体の損傷防止)
地震に対する構造躯体の損傷(大規模な修復工事を要する程度の
著しい損傷)の生じにくさを評価。
等級3:等級1の1.5倍の地震力に対して損傷しない程度


   

こだわり仕様  高機能健康住宅

近年、アトピー性皮膚炎や花粉症といったアレルギー疾患を持った人が増え、シックハウス症候群という言葉も一般的になりました。そんな中、地球環境にやさしく、人が元気で健康に過ごせる家づくりが注目されています。そこで、大成住宅センター(株)の健康住宅への取り組みを紹介します。

 シックハウス対策は今や住宅の常識です 
シックハウス症候群とは、合板や壁クロスの接着剤などに使用されるホルムアルデヒドなどの化学物質(VOC=揮発性有機化合物)が原因となり、目の痛み、せき、頭痛、めまい、吐き気、不眠などのアレルギー症状が引き起こされるもので、厚生労働省では健康のため、13種類のVOCについて室内濃度指針値を定めています。
2003年7月にはシックハウス対策に関わる改正建築基準法が施行され、24時間計画換気システムの設置などの対策が義務付けられました。

 VOCの放散量がほぼゼロの建材を使用 
シックハウス対策の基本はVOCの放散のできるだけ少ない建材を使用することです。そこで「新世代ハウス」ではシックハウス対策として、ホルムアルデヒドをはじめとするVOCの放散量がゼロ、もしくは限りなくゼロに近い建材や接着剤を厳選して施工。
住む人の健康に配慮した家作りを実践しています

 24時間換気システムで有害物質を強制的に排出 
シックハウス対策でVOCを放散しない建材を使用していても、家具などからの放散は防げません。
「新世代ハウス」の24時間計画換気システムは、毎日の暮らしの中で生じるCO2や臭気、VOCを強制的に屋外に排出。
加えて、喘息やアトピーの原因といわれるカビ・ダニ・ハウスダストもこの換気システムによって効率的に排除し、室内の空気を常にクリーンな状態に保っています。

空気の流れ(イメージ図)「換気経路図」

低ホルムアルデヒド シックハウス症候群に対応するために部材を厳選。
すべての壁紙・建具フローリングは最上ランク「F☆☆☆☆」のものを使用するなど、安全性の高い住まいを提案します。

壁紙には特にホルムアルデヒドを含まないノンホルムアルデヒドタイプの接着剤を使用しています。

シックハウス症候群に対応するために部材を厳選。すべての壁紙・建具フローリングは最上ランク「F☆☆☆☆」のものを使用するなど、安全性の高い住まいを提案します。壁紙には特にホルムアルデヒドを含まないノンホルムアルデヒドタイプの接着剤を使用しています。

フローリング

洋室、廊下、リビング・ダイニング、キッチンなどは、ホルム アルデヒド放散量が少ない最上ランクの「F☆☆☆☆」合板を 採用。自然ならではの豊かな風合いで清潔なフローリングは、 お掃除もしやすく衛生的。また、適度な換気によって快適な室 内環境が保てます。

洋室、廊下、リビング・ダイニング、キッチンなどは、ホルムアルデヒド放散量が少ない最上ランクの「F☆☆☆☆」合板を採用。自然ならではの豊かな風合いで清潔なフローリングは、お掃除もしやすく衛生的。また、適度な換気によって快適な室内環境が保てます


ペアガラス

新開発の樹脂アングルを用いた最新のペアガラス仕様で、嫌な結露を抑え、結露による内装材の腐食やカビの発生を防ぎ、住宅の長寿命化に貢献します。

内外2枚のガラスに挟まれた部分は真空になっており、熱伝導率を低下させる働きがあります。
新開発の樹脂アングルを用いた最新のペアガラス仕様で、嫌 な結露を抑え、結露による内装材の腐食やカビの発生を防ぎ、 住宅の長寿命化に貢献します。 内外2枚のガラスに挟まれた部分は真空になっており、熱伝導 率を低下させる働きがあります。

「安心な住まい」をお届けする上でも防犯にも留意し、ピッキングや複製などが極めて困難ではありますが、ご高齢の方でも簡単に上下の区別無く解錠できるなどの特徴のシリンダー錠です。


※随時更新中

こだわり仕様  オール電化

オール電化






「揚げ物キー」を押して温度を選ぶだけでカラッと美味しい揚げ物油の温度を一定に保つことが出来ます。
素材を入れても、素早く温度復帰し、適正温度をキープします。



タッチキー式で、ご高齢の方でも見易いオレンジバックライト液晶。
使わない時は本体にスッキリ収まります。
捻ったり・回したりと言う動作が少なく、楽に操作できます。また、いたずらや誤操作を防ぐ安心ロック(オートロック・ラジエントロック)付き。

浴室を乾燥室として利用できる24時間換気機能付。
雨天時や夜間の洗濯物の乾燥をはじめ、冬場の予備暖房、浴室内の除湿などに効果を発揮します。
カビの発生も抑えられるので、お掃除もカンタンでいつも清潔なバスタイムをお楽しみいただけます。

・ワンタッチで湯張りを開始し、設定した湯温・湯量で自動ストップ。
・湯が1℃以上湯温が下がると、自動的に設定湯温までお湯を暖めます。
・お湯が少なくなったら自動でたし湯。いつでもちょうどいい湯量をキープします。
・浴室/台所リモコンどちらかの「通話」ボタンを押せば、双方向の通話ができます。
・お湯がぬるい時にあつくスイッチを押すと、高温のお湯を差し湯して約2℃高めます。
・お湯が4cm以上水位が下がると、自動的に設定水位までお湯を足します。
・お湯が熱めの時にスイッチを押すと、差し水して浴槽の湯温を約1℃下げます。

フルオートダブル追い焚きタイプ (370㍑/ヒーター式・高圧力型)




※随時更新中





 ▲ページ上部へ



| トップページ | サイトマップ | サイトポリシー | 会社概要 | 資料請求 
好評分譲中
門真市上島頭へ
門真市柳田町へ
大東市三箇へ


 最新チラシはコチラ

 よくある質問 Q&A



 最新チラシはコチラ

 よくある質問 Q&A


携帯用QRコード

携帯用QRコード